Coincheck(コインチェック)の「販売所・取引所」でビットコインを購入してみよう

Coincheckの口座が開設できたら、早速ビットコインを買ってみましょう。Coincheckでビットコインを購入するには、以下の2つの方法があります。

  1. 「販売所」で購入する
  2. 「取引所」で購入する

この2つは同じCoincheck内のサービスですが、売買の仕方が大きく異なり、手数料等も違ってきます。両者の違いは次の通りです。

 

■販売所

メリット

  • ワンクリックで簡単に売買でき、大量のビットコインも一度で売買できる

 

デメリット

  • 運営業者(Coincheck)が仲介してユーザーに販売するので、手数料が高い

 

■取引所

メリット

  • ユーザー同士で板を通じて売買するため、運営業者の仲介手数料が省かれ、手数料が安い(Coincheckの場合は無料※2017年9月現在)

 

デメリット

  • 販売所に比べ、操作が複雑。数千万円単位の売買は、一度に約定できず、不利なレートになることがある
仮想通貨の「販売所」と「取引所」とは?メリット・デメリットを解説 | CCRI:暗号通貨総合研究所
国内の大手取引所であるCoincheckとBitflyerは、「販売所」と「取引所」を両方運営しています。両者…

販売所を使えば簡単に売買ができますが、取引所の方が手数料がかなり安いので、できれば取引所を使いましょう。とは言え、初心者の方には販売所も便利ですから、このページでは両方触れておきます。では早速、実践してみましょう。

 

 

Coincheckに日本円を入金する

Coincheckでビットコインを購入するために、まず日本円を入金する必要があります。

 

ステップ1:Coincheckにアクセスして「取引所」を開く

The Leading Bitcoin and Cryptocurrency Exchange in Asia | Coincheck
The leading bitcoin and cryptocurrency exchange in Asia. Minimum trading fees of -0.05%!

ステップ2:取引所の画面で「入金」、またはウォレットの画面で「日本円/USドルを入金する」をクリック


「ウォレット」というページにいる場合は、「日本円/USドルを入金する」をクリックします。


すると、次の画面へ移動します。

 

ステップ3:日本円の入金方法を選択する

日本円の入金方法は以下4種類があります。

  1. 銀行振込
  2. 海外からの入金
  3. コンビニ入金
  4. クイック入金
 

銀行振込

本人名義の銀行口座から振り込む方法です。

 

メリット

  • 手数料が最も安い(銀行の振込手数料のみ。住信SBIネット銀行同士なら無料)
  • 振込上限額がない

 

デメリット

  • 銀行の営業時間内しか入金が行われない(住信SBIネット銀行同士なら時間外でも可能)
  • 営業時間内でも、コンビニ入金やクイック入金より反映に時間がかかる
  • 本人名義の銀行口座でないといけない

 

海外からの入金

海外に居る際の入金方法です。

 

コンビニ入金

コンビニから入金できる方法です。

 

メリット

  • 最寄りのコンビニで入金ができる
  • 早ければ数分で入金が反映される

 

デメリット

  • 銀行振込より手数料が高い(2017年9月現在:756円以上)
  • 入金額に上限が設定されている(2017年9月現在:299,500円)

コンビニ支払いでの入金方法
コンビニ入金の手数料

クイック入金

ペイジー決済を利用した入金方法で、急いで入金したい場合に最適な方法です。

 

メリット

  • 24時間365日入金が可能(すぐに反映される)
  • パソコンやスマートフォン、ATMから入金が可能

 

デメリット

  • 銀行振込より手数料が高い
  • 振り込んだ資産の移動が7日間制限される(振り込んだ日本円からビットコインを買うことはすぐに行えますが、買ったビットコインを他のウォレットへ送金したり、振り込んだ日本円を出金することは7日間行えません)

ペイジー決済(クイック入金)での日本円入金
ペイジー決済(クイック入金)後の資産移動の制限に関して

 

ステップ4:入金(振込)処理

入金方法は上記のように4通りありますが、このページでは最も一般的な銀行振込を行います。Coincheckの銀行振込は、以下2つを選ぶことができます。

 

  • Coincheckのりそな銀行口座宛て
  • Coincheckの住信SBIネット銀行口座宛て

 

自分の口座が上記2行である必要はないですが、同じ銀行同士なら手数料も無料となりお得です。中でも住信SBIネット銀行同士なら、手数料も無料なうえ、営業時間外でも入金が反映されるため大変便利です。ページを下へスクロールすると、以下の表示がでます。

上記はりそな銀行及び住信SBIネット銀行の振込先情報ですが、それぞれ若干手順が異なるので注意が必要です。

 

りそな銀行の場合

Coincheckのりそな銀行口座に振り込む際は、単純に自分の口座から同口座へ振り込めば完了です。

振込先口座番号はユーザーによって異なるので、Coincheckの銀行振込ページでご確認ください。

 

住信SBIネット銀行の場合

住信SBIネット銀行に振り込む場合は、一点だけ注意が必要です。以下のように表示されているユーザーIDを、振込名義人の前に入力します。

つまり、例えばIDが 326123 だとすると、「326123 山田太郎」という振込人名義で振込を行います。IDを入力し忘れた場合は、こちらのページからCoincheckにお問い合わせください。

 

ステップ5:入金反映(数十分〜1時間程で反映)

これで日本円入金は完了です。通常は、早ければ数十分、遅くても1時間以内には入金が反映されます。入金が反映されると、先ほどまで0円だったこの画面が、このように変わります。

また、画面上部の緑色の部分でも確認できます。0JPYだったのが、3,000JPYになっています。

※表示されている端数は、今回使ったアカウントに元々残っていたものです

 

尚、住信SBIネット銀行同士でない場合は、銀行の営業時間外だと、次の営業時間に振込が行われます。振込が反映されない場合は・・・銀行振込みが反映されないのはなぜですか?

 

 

販売所でビットコインを購入する

それでは早速、ビットコインを買ってみましょう。まずは、最も簡単に買える「販売所」を使ってみます。
※販売所は手数料が高いので、可能なら次で説明する取引所を使いましょう

 

ステップ1:「ウォレット」へ移動し、「コインを買う」をクリック

まずはCoincheckの「ウォレット」ページへ移動し、左側の「コインを買う」をクリックします。

 

ステップ2:買いたい銘柄を選択する

次のような画面が表示されるので、買いたい銘柄を選択します。このページでは、ビットコインを買います。(Coincheckではビットコイン以外にも12種類のアルトコインが買えます※2017年9月現在)

ステップ3:数量を入力し、購入する

買いたいビットコインの数量を入力し、購入ボタンを押します。尚、自分が持っている日本円で買える範囲の量でないと、購入は行えません。また、レートは現在のビットコインの時価に販売所の手数料が上乗せされた形となっています。そのため、見かけ上手数料は表示されないですが、レートの中に手数料が含まれています。

 

ステップ4:取引所のレートと比べてみる

販売所で買うと、取引所のレートより必ず高くなりますが、どのくらい違うのかをみてみましょう。以下は、同時刻の販売所と取引所の価格です。

販売所で買う方が、凡そ1%程高い値段で買ってしまうことになります。この1%がレートに隠されたCoincheckの販売手数料となります。尚、1%というのは良い方で、相場が乱高下しているときや、ビットコイン以外の銘柄では、2%〜3%以上開くこともあります。

 

 

取引所でビットコインを購入する

それではいよいよ、取引所でビットコインを買ってみましょう。販売所に比べ少し操作が複雑ですが、一つ一つ紐解けば難しいことはありません。尚、2017年9月現在、Coincheckの取引所手数料は無料となっています。

Coincheckの取引手数料:https://coincheck.com/ja/exchange/fee(公式サイト)

 

ステップ1:取引所のページへ移動

「取引所」ページへ移動します。以下のような画面が表れます。

 

下へスクロールすると、以下のような画面が表れます。

 

注文欄

画面左側が、ビットコインを売買する際に注文を入力する箇所です。

 

取引板

真ん中に見える値段が並んでいるセクションはと呼ばれます。ここに並んでいる値段と注文量は、他のユーザーが現在だしている注文です。あなたがこれから出す買い注文も、この板に並べられ、同じ値段での売り注文が入ったときに自動的に約定(注文が成立すること)します。もちろん、はじめから既に並んでいる売り注文と同じ値段で買い注文をだせば、あなたの注文は即座に約定します。つまり、現在ここに並んでいる注文は、値段が高すぎるか安すぎるために、約定せずに残っている注文です。

買い注文をだすときに考えること

ここでとるべき戦略は2つあります。

 

①既に並んでいる売り注文と同じ値段で買い注文をだす(=成行注文)

つまり、板の赤色で並んでいる売り注文と同じ値段で買い注文を出し、即座に約定させる方法です。これは、今すぐに約定させたいときに用いる方法です。やり方は、売り注文の中のどれでもいいので、同じ価格を注文欄に入力し、「注文する」ボタンを押します。とは言え一番安い売り注文と同じ値段で注文を出しても、タッチの差で約定しないことがありますから、だいたい真ん中あたりの値段を選ぶと良いでしょう。(高い値段で買い注文を出したとしても、システムが自動的にその時の最も安い値段で約定してくれます)

 

ただし、右側に表示されている数量には注意しなければなりません。自分が買いたいビットコインの数量以上の売り注文がでていなければ、残りは約定できないまま買い注文として板に残ります。

 

例)一番安い売り注文(467471円)と同じ値段で、数量0.1BTCの買い注文を出した場合、0.05BTCは既に売り注文で出されているのですぐに約定されますが、残りの0.05BTC分は約定されず、買い注文として板に残ります。(この場合、買い板の一番上、467405円の上に残ります)

 

買い板の一番上に残るので、おそらくは数分もすれば約定されますが、場合によってはビットコインがこのまま値上がりし、約定されないこともあり得ます。しかし、467471円の一つ上の値段(467472円)で買い注文を出せば、数量は両者を足すと0.1を超えるので、0.1BTCの買い注文をすぐに約定させることができます。(この場合、0.5BTC分は467471円で、残りの0.5BTC分は467472円で約定されます。このように、高い値段で買い注文を出したとしても、システムが自動的に最も安い値段から優先的に約定してくれます)このような注文の仕方を、その時の相場の成り行きで約定させるという意味から、成行注文と呼びます。今すぐ約定させたい時に用いる方法です。

 

②希望する値段にならないと約定しないようにする(指値注文)

対して、成り行きで約定させるのではなく、自分の希望する値段でしか約定させない注文方法を、指値注文といいます。指値注文は、今すぐ買いたいということではなく、「この値段で買いたい」という場合に用います。裏を返せば、「おそらくここまではくるだろう」という予想の下に行う注文方法です。

 

ですから、指値注文はチャートを見ながら値動きを予想して行う必要があります。指値注文は成行注文に比べ有利な価格で約定することができますが、そこまで値段が下がらず、逆に値上がりしてしまい買い時を逃してしまうこともあり得ますから、初心者の方は成行注文をお勧めします。

ステップ2:成行注文をやってみよう

ここからは実際に成行注文をやってみます。取引所のページを表示し、赤く並んでいる売り注文の真ん中あたりの価格を、注文欄に入力し、「注文する」をクリックします。


※注文数量が大きい場合は、真ん中あたりでは約定しきれないこともあります。ご自身の注文数量と、板に並んでいる数量を比べて、一度に約定できる価格を選んでください。

 

すると、「注文しました」という青色のメッセージが画面上部に数秒表示されます。きちんと注文が成立したかどうかは、画面を下へスクロールして、「約定履歴」を確認します。ここに表示されていれば、注文が成立し、無事ビットコインを買うことができたということです。

 

尚、もし注文が約定されなかったら、左側の「未約定の注文」に表示されます。今回は、注文が約定されたので、下記のように何も表示されません。

 

これで、取引所でビットコインを買う作業は完了です。今回の取引では、3,000円の日本円が 0.00681903 BTC へと変わりました。「ウォレット」画面へ移ると、日本円がビットコインに変わっていることが確認できます。

 

あとは、ビットコインの価値が上がるまで保管しておくだけですが、長期保管する場合はウォレットを使いましょう。

ビットコインウォレット「Copay(コペイ)」の作り方 | CCRI:暗号通貨総合研究所
ここまでで、あなたは取引所で仮想通貨を買うことができました。現在あなたは仮想通貨を保有している状態であり、その…

アルトコイン買う場合は、ビットコインを海外の取引所へ送金し、そちらで購入します。

海外の取引所「Poloniex(ポロニエックス)」をセットアップする | CCRI:暗号通貨総合研究所
Coincheckの口座を開設したことで、日本円でビットコインを買うことができるようになりました。しかし暗号通…