ビットコインウォレット「Copay(コペイ)」から送金する方法

取引所で買ったビットコインを取引所に置きっ放しにするのは危険です。取引所がハッキングの被害に遭ったり、運営会社が不正を働いた場合にあなたのビットコインが危険に晒されるためです。そこで、ビットコインを長期保管するには、ウォレットを使いましょう。このページでは、有名なビットコインウォレットであるCopayを使って、前項のビットコインを買ってみようでCoincheckから買ったビットコインを、Copayへ送金します。Copayをお持ちでない方は以下の記事を参照してください。

ビットコインウォレット「Copay(コペイ)」の作り方 | CCRI:暗号通貨総合研究所
ここまでで、あなたは取引所で仮想通貨を買うことができました。現在あなたは仮想通貨を保有している状態であり、その…

 

 

Coincheckのウォレットページを表示する

コインチェックのサイトへアクセス・ログインし、Coincheckのウォレットページを表示します。

 

 

「コインを送る」をクリックします

 

各コインの送金画面が表示されます。Coincheckで扱われている全てのコインが表示されています。今回はビットコインを送るので、このままビットコインが選ばれている状態で作業を進めます。「宛先:」と表示されている欄に、Copayのビットコインアドレスを入力する必要があるので、ここからは一度スマホでCopayを開きます。

 

 

スマホでCopayを開く

※PCでCopayを開く場合は以下の記事を参照してください。

PCでビットコインウォレット「Copay(コペイ)」を開く方法 | CCRI:暗号通貨総合研究所
ビットコインを保管するためのウォレット「Copay」は、スマートフォンで使いますが、実は運営元であるBitPa…

 

Copayを開くと、以下の画面が表示されるので、画面下部の「受取」をタップします。

 

アドレスをコピーする

以下の画面が表示されます。QRコードの下に表示されている英数字の羅列が、あなたのビットコインアドレスです。これをCoincheckの宛先欄に入力するのですが、手入力だと間違ってしまう恐れがあるため、アドレスをコピーして、メールやクラウドで同期されたメモ帳等に貼り付け、PCに送るのが良いでしょう。

アドレスの部分をタップすると、自動的にコピーされます。

 

Coincheckで送金先を登録する

アドレスをコピーし、PCへ送ることができたら、そのアドレスをCoincheckへ登録します。(Coincheckでは、送金宛先を事前に登録する必要があります)PCでCoincheckの画面に戻り、「送金先リストの編集」をクリックします。

 

以下のような欄が表示されるので、自分にとって分かりやすいラベル名をつけて、先ほどコピーしたアドレスを「新規宛先」欄に貼り付けます。完了したら、「追加」をクリックします。

 

二段階認証を設定している場合は、認証コードの入力が求められるので、入力し「送信」をクリックします。

 

これで、送金先の宛先登録が完了しました。以下のように、今登録した宛先が表示されています。尚、送り先は何件でも登録することができます。

ビットコインを送金する

それではいよいよ、ビットコインを送金しましょう。先ほどの画面の下に表示されている「宛先:」で、先ほど作成したCopayを選択します。宛先欄をクリックすると、

 

登録されている宛先を選ぶウィンドウが表示されるので、先ほど作成したCopayを選択します。

 

以下のような状態になります。

金額を入力し、送金する

次に、「金額」欄に送りたいビットコインの量を入力します。尚、「手数料」の欄は通常そのままで構いません。(手数料を上げると、送金にかかる時間が短くなります。急ぎの場合は手数料を上げると良いでしょう)

 

今回は、3,000円分相当のビットコイン全てを送金したいので、「送金可能額」をコピーし、「金額」欄に貼り付けます。ただし、送金手数料がかかるので、「送金可能額」から送金手数料を差し引いた額に訂正します。(手数料分を自動的に差し引いてはくれないので、自分で計算し、手数料分が残るようにしないと、送金ができません。今回であれば、0.00681903から0.001を差し引いて、0.00581903となります)

金額欄がうまったら、「送金する」ボタンが緑色に変わります。

 

間違いがないかを確認し、OKであれば「送金する」をクリックします。

 

最終確認のダイアログが表示されるので、間違いがなければ「OK」をクリックします。

 

二段階認証を設定している場合は、認証コードを求められるので、入力して「送信」をクリックします。

 

以下の画面に自動的に戻り、青色で「送金しました」という文字が数秒表示されます。これで、送金が完了です。

 

画面を下へスクロールすると、送金履歴が見れます。今行った送金が「完了」と表示されているのが分かります。

 

ただし、これでCopayへの着金も完了したという意味ではありません。この段階は、あくまでCoincheckから送り出す作業が完了したという意味です。実際はまだCopayでは、ビットコインが着金されていません。

 

現在あなたのビットコインは、Coincheckから送り出され、ビットコインのネットワーク上で処理されている段階です。このプロセスには通常数十分かかります。つまり、ビットコインの送金というのは、送り出されてから着金するまで、数十分かかるということです。

 

このプロセスの経過を見たい場合は、ビットコインのネットワークを参照できるウェブサービスを使います。今回は、Bitflyerという取引所が提供している「Chainflyer」で見てみましょう。

Chainflyer:https://chainflyer.bitflyer.jp/

 

ChainflyerのURLにアクセスすると、以下のような画面になります。CoincheckかCopayのビットコインアドレスを入力し、エンターを押します。

 

すると、以下のように、先ほど行った送金の状況が表示されます。

 

「未確認」と表示されているのは、送金がまだ処理中で、確定できていない(ビットコインのブロックチェーンに充分に記録されていない)という意味です。これが、「確定」に変わったら、ビットコインがCopayに着金します。このプロセスには数十分かかるので、しばらく待ちましょう。

 

数十分経過したら、再びChainflyerを見てみます。ブラウザの更新ボタンをクリックしてください。すると、以下のように、「未確認」だったものが、「未確定(2確認)」に変わっています。

これは、あなたの送金がネットワークを支えるマイナーによって2回記録されたけど、2回ではまだ不十分なので未確定ですよ、という意味です。ただし、何回確認されたら充分とみなすかは、各ウォレットや取引所によって基準が異なります。Chainflyerでは、一般的な指標となる6確認をもって確定とみなす仕様になっていますが、Copayでは1確認だけで確定とみなす仕様になっています。そのため、もうこの時点でビットコインはCopayに着金しています。

 

Copayをみてみると、先ほどのビットコインが着金されています。

 

これでビットコインの送金は全て完了です。あとは、Copayで大切に保管し、価値が上がったら売却したり、或いは日々の支払いで使うこともできます。