ビットコインウォレット「Copay(コペイ)」の作り方

ここまでで、あなたは取引所で仮想通貨を買うことができました。現在あなたは仮想通貨を保有している状態であり、その仮想通貨は取引所内の自分のアカウントに保管されています。しかしこれは、取引所のサーバーの中にあなたの仮想通貨を保管している状態で、取引所がハッキングを受けたり、倒産したりすると、あなたの仮想通貨も失われてしまう危険性があります。

 

そこで、仮想通貨を長期間保有する場合は、自分のパソコンやスマートフォンにウォレットと呼ばれるアプリケーションをインストールし、その中で仮想通貨を保管します。こうすれば、第三者から仮想通貨を盗まれる心配はなく、また取引所が倒産しても影響はありません。それでは早速、パソコン及びスマートフォンにウォレットをインストールし、仮想通貨を保管できる体制を整えましょう。

 

 

ビットコインウォレット「Copay」を使う

代表的な仮想通貨であるビットコインを保管することを目的とし、作業を進めていきます。尚、一言でウォレットと言っても、様々な種類がありますが、ここではパソコンとスマートフォンの両方で使用でき、世界的に利用者も多い「Copay」というウォレットを使います。

※ウォレットは各仮想通貨ごとに分かれており、例えばビットコイン用のウォレットにイーサリアムを保管することはできません。

 

以下、スマートフォンで作る場合を前提として、作業を進めます。尚、スマートフォンで作ったCopayをPCでも開きたい場合は、以下の記事をご参照ください。

PCでビットコインウォレット「Copay(コペイ)」を開く方法 | CCRI:暗号通貨総合研究所
ビットコインを保管するためのウォレット「Copay」は、スマートフォンで使いますが、実は運営元であるBitPa…

 

 

Copayの作り方 スマホ編

アプリのストアから、「Copay」と検索し、インストールします。

※iPhoneの場合はAppStore、Androidの場合はGoogle Playとなります

 

インストールが完了したら、「開く」をタップし、

 

Copayの画面へと移ります。ここから、Copayの設定を始めます。まずは、通知を許可するかと聞かれる場合があります。その場合は、「許可」をタップします。

 

次に、「始めよう」をタップし、

 

Copayに関する説明が数回でてくるので、それぞれ「分かりました」をタップします。

 

次の説明画面で最後です。次の説明の最後にある、「BitPayは管理できない」という但し書きは、「Copayの製作会社であるBitPayでさえ、あなたのウォレットを勝手に操作することはできません。」という意味で、つまりスマートフォンで使用するこのCopayというウォレットは、完全にあなたしか開くことも、操作することもできないという意味です。これが、取引所やウェブウォレットとの大きな違いであり、安全である所以です。(取引所やウェブウォレットは、運営会社がユーザーの仮想通貨を操作することができてしまいます)

 

「ビットコインウォレット作成」をタップしてください。

メール通知の設定

ビットコインを送金した際に、メール通知を受け取る設定を行います。通知を受け取りたいメールアドレスを入力し、「Continue」をタップしてください。(Copayに関するニュースや最新情報も届くようになります。これらを受け取りたくない場合は、「BitPayからのニュースや更新情報を受け取ります」のチェックを外してください)


 

メールアドレスに間違いがないかを確認し、「確認」をタップします。(もし間違っていた場合は、「編集」をタップし、入力し直してください)

ウォレットのバックアップを行う

ウォレットのバックアップとは、スマートフォンを紛失したり、アプリが消えてしまっても、新しいスマートフォンや新しいアプリに、以前のウォレットの中身を復元できるようにする設定です。Copayのようなスマートフォンウォレットは、あなたが全てを管理できるかわりに、あなたが何らかの原因でアプリを開けなくなった場合、誰も助けてくれません。ですので、バックアップの設定をしっかり行い、大事なビットコインを失わないようにしましょう。

ビットコインウォレット「Copay(コペイ)」の復元方法 | CCRI:暗号通貨総合研究所
スマートフォンを紛失したり、機種変更によりCopayをインストールし直した場合は、今まで保管していたビットコイ…

 

「ウォレットをバックアップ」をタップします。

 

今誰にも見られていないことを確認し、「分かりました」をタップします。(なぜ誰にも見られてはいけないかというと、次の画面に表れる復元フレーズを他人に知られてしまうと、その人にあなたのウォレットを勝手に操作されてしまうからです。)

 

次に、復元フレーズの画面をスクリーンショットで撮らないように、という警告がでます。その理由は、スマートフォンにインストールされている様々なアプリは、スマホ内に保存されている写真にアクセスすることができるからです。つまり、復元フレーズをスクリーンショットで撮ってしまうと、その写真が他のアプリを通じてどこかのサーバーに渡ってしまうかもしれません。ですので、復元フレーズは必ず紙にメモする形で記録してください。

 

「承知しました」をタップします。

 

次に、表示されている単語を全て紙に書き留めてください。間違いがないよう見直しましょう。

 

次に、画面下半分に、各単語がランダムで表示されるので、書き留めた順番になるようタップしていきます。

 

全て選択できたら、「確認」をタップ。

 

次のような画面が表示されたら、復元フレーズの設定は完了です!これで、もしアプリが消えてしまったり、スマートフォンが壊れてしまっても、新しいスマートフォン及びアプリに、この復元フレーズを入力すれば、以前のウォレットの中身を復元することができます。これは、ビットコインを失わないための命綱となるので、復元フレーズを書き留めた紙はなくさないよう、誰にも見られない安全な場所で保管しておきましょう。

 

「分かりました」をタップします。

 

次の画面は、Copayの特徴を再度確認するための説明画面です。

 

ビットコインをCopayに入れると、ビットコインはスマートフォンの中に入っている状態となり、Copayの運営会社や、その他スマートフォンのバックアップサーバー等には一切保管されない、ということが説明されています。(であるが故に、ハッキングされるリスクが低いと言えます)また、そうであるが故に、Copayアプリが消えたり、機種変更で別のスマートフォンに変えたり、スマートフォンが壊れた場合は、保管していたビットコインを操作できなくなります。このような場合の唯一の解決策が、先ほどの復元フレーズとなるため、復元フレーズは大切に保管しておきましょう。

 

説明が理解できたら、それぞれチェックを入れ、「承諾して終了する」をタップします。

 

次のような画面が表示されたら、設定は全て完了です!

 

これで、あなた専用のビットコインウォレットを作ることができました。それでは早速、以下の記事を参考に、ウォレットにビットコインを送ってみましょう。

ビットコインウォレット「Copay(コペイ)」から送金する方法 | CCRI:暗号通貨総合研究所
取引所で買ったビットコインを取引所に置きっ放しにするのは危険です。取引所がハッキングの被害に遭ったり、運営会社…