MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の使い方を徹底解説

MyEtherWalletは、ETHやEthereum系トークンを保管するのに最適なウォレットですが、普通のスマートフォン用ウォレットとは少し使い勝手が異なります。しかし、一度慣れれば大変便利なウォレットです。このページでは、MyEtherWalletの使い方を詳しく解説します。まだMyEtherWalletを作っていない方はこちらの記事を参照してください。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とは?その仕組みと作り方 | CCRI:暗号通貨総合研究所
EthereumやEthereum系のトークン(Ethereumプラットフォーム上で動作する仮想通貨)を保管す…

 

 

MyEtherWalletのURLにアクセス

まずは、MyEtherWalletのサイトにアクセスします。

※URLを一文字だけ変えた偽サイトが出回っているのでご注意ください。上記URLが正しいURLです

 

以下のような画面が現れます。これが、MyEtherWalletのトップ画面です。

 

MyEtherWalletでは、行いたい操作によって表示する画面が異なります。上記は新しいウォレットを作る画面ですが、画面上部に、各メニューが横並びに表示されているのが分かります。これが各操作画面へ移るリンクです。尚、MyEtherWalletは、ハッキングのリスクを減らすため、MyEtherWallet内で秘密鍵(財布を開く時に使うパスワードのようなもの)を保存することがありません。そのため、各メニュー間の移動に際し、新しいが画面が開かれる度に、新たにウォレットを開く(つまりKeystoreファイルをアップロードする)必要があります。少し面倒ではありますが、このお陰で高い安全性が担保されています。

 

メニューには様々な項目がありますが、この中で普段使うのは、「Ether/トークンの送出」と「お財布情報を見る」です。

 

 

送金したいとき・・・「Ether/トークンの送出」

ETHや他のトークンを送金したいときは、「Ether/トークンの送出」ボタンをクリックします。

 

Keystoreファイルをアップロード

ウォレットを開く画面になるので、Keystoreファイルをアップロードします。「Keystore ファイル(UTC / JASON)」を選択し、

 

「お財布ファイルを選択」というボタンがでてくるので、クリック。

 

PCに保存してあるKeystoreファイルを見つけて、選択し、「開く」をクリックします。(お使いのパソコンによって細かい表記は異なります)

 

パスワードを入力し、「アンロック」をクリックします。

 

すると、MyEtherWalletの、「Ether/トークンの送出」画面が開かれました。各項目は以下のような意味をもちます。

宛先のアドレスを入力

ETHや他のトークンを送金したい時は、「宛先アドレス」に送金先のETHアドレスを貼り付けます。

 

※ETH以外の各トークンを送金する場合は、送金先が取引所なら、各トークンに対応したアドレスを貼り付けてください。取引所のETHアドレスに送ってしまうと、トークンが失われます。

※送金先が別のMyEtherWalletなら、そのMyEtherWalletのETHアドレスにETH以外のトークンを送金できます。

 

送金額を入力

「送出数量」の欄に、送りたい額を入力します。ETH以外のトークンを送りたい場合は、灰色のタブをクリックし、該当するトークンを選びます。

 

ETH以外のトークンを送りたい場合は、灰色のタブをクリックすると保有しているトークンが表示されるので、該当するものを選択する。

 

ガスリミットはそのままで

通常の送金であれば、「ガスリミット」はそのままで構いません。できるだけ早く送金が完了してほしい時や、ICOに参加する際は、ガスリミットを高く設定します。(尚、ガスリミット21000とは、日本円で百円にも満たない額です)

 

トランザクションを生成

送りたい額とトークンの種類を選んだら、「トランザクションを生成」をクリックします。

 

画面下部に、「トランザクションの送出」というボタンが現れるので、クリックします。

 

確認画面が現れるので、「はい、確かです。処理を実行します。」をクリック。

 

画面下部に緑色の帯が現れたら、送金手続きは成功です。

ちゃんと送れているかを確認したいとき

ただし、現状はまだ送金手続きが行われただけで、相手方にETHやトークンが着金しているかはわかりません。(通常、ETHやトークンの着金には数分〜數十分かかります)

 

相手方に着金されたかを確認したい場合は、「トランザクション履歴」の下にある、「 ETH (https://etherscan.io)」をクリックします。ETH以外のトークンを送金した場合は、「Tokens (Ethplorer.io)」をクリックします。

ETHのトランザクションを確認する

このサイトは、Etherのトランザクション(送金)状況がどうなっているのかを確認できるサイトで、MyEtherWalletに限らず、あらゆるウォレット取引所間でのEther送金の状況を確認することができます。MyEtherWalletでは、先述の通り秘密鍵やユーザー情報をサイト内で保存することはありませんので、ユーザーの送金履歴を保存することもありません。そのため、送金状況や履歴を見たい場合は、外部サイトである

を参照します。

 

尚、「トランザクション履歴」の下にあるリンクから上記サイトへ移動すれば、自分のMyEtherWalletアドレスが自動的に検索項目として反映されるので、自分のトランザクション状況及び履歴が簡単に見れます。

 

https://etherscan.ioへアクセスすると、上記のような画面が表示されます。自分のEther送金状況及び履歴が確認できます。画面下半分に表示されている各項目が、これまでのトランザクション一覧で、一番上が直近のトランザクションです。緑の「IN」は、MyEtherWalletへの入金を示し、オレンジの「OUT」は、MyEtherWalletからの送金を示します。

 

先ほど送金した1Etherが載っていますね。これは、送金が成功しているということを意味します。

 

尚、まだ送金が手続き中で完了していない場合は、次のように「pending」と表示されます。(この送金は先ほどの1ETHとは別の送金ですので、額は異なります)

 

また、通常pendingというのは、しばらく待てば承認され、送金は成功されるのですが、時に以下のように送金に失敗することがあります。

 

この赤いマークがついているトランザクションは、何らかの異常が発生しているという意味です。クリックしてみると、トランザクションの詳細が表示される画面に移動します。赤文字で「CANCELLED」と表示されているのが分かります。

 

これは、何らかの理由によりトランザクションが正常に行われず、送金がキャンセルされたということを意味します。この場合、送金したETHはMyEtherWalletに自動的に返ってきます(送金手数料は戻りません)。

 

ただ、通常の送金ではこのようにキャンセルされることはないでしょう。実はこの送金はICOへの送金で、世界中の人が一気に送金していたその最中だったのです。従って、トランザクションを成立させるために、手数料(ガスリミット)を上げなければいけなかったのですが、うっかりそれを忘れてしまったのでした。その結果、トランザクションが成立せず、キャンセルという結果に終わりました。詳しくは、ICOの参加方法をご覧ください。

ICO(クラウドセール)情報の見つけ方や参加方法 | CCRI:暗号通貨総合研究所
前項、ICOとはなにか?では、ICOの概要について触れました。このページでは、実際にICOに参加するにはどうす…

 

ETHの送金が完了すると、アカウント残高から送った分のETHが減っているのが確認できます。(MyEtherWalletをブラウザで更新しないと数字は変わりません)

ETH以外のトークンのトランザクション履歴を確認する

ETH以外のトークンのトランザクション履歴を確認したいときは、Tokens (Ethplorer.io)へアクセスすることで確認できますが、実は先ほどのhttps://etherscan.ioでも確認ができます。

 

「Token Transfers」というタブをクリックすると、

 

ETH以外のトークンの送金状況及び履歴が表示されます。

 

一覧の右側を見ると、「Token」という欄があり、各トランザクションのトークン名が表示されています。この場合はGnosisとMobileGoというトークンの入出金があったということを示しています。画面の見方は、ETHのトランザクションを確認した時と同じです。

 

 

ETHやトークンを受け取りたいとき

MyEtherWalletで、他のウォレットや取引所からETH及びトークンを受け取りたい時は、MyEtherWalletのアドレスを送金者に伝えます。

 

先ほどの「Ether/トークンの送出」画面に、自分のMyEtherWalletアドレスというのが表示されているので、このアドレスをコピーして送金者に伝えます。あとは、送金されてから通常で数十分以内に着金が反映されるはずです。着金状況を確認したい場合は、https://etherscan.ioで検索することで、相手方から送られたトランザクションがどうなっているのかを確認することができます。

 

一つのアドレスで様々なトークンを受け取れる

MyEtherWalletはERC20という規格に対応しているので、ERC20に対応したトークンであれば、全てMyEtherWalletの一つのETHアドレスで着金することができます。つまり、取引所のように各トークンによってアドレスが分かれているわけではないということです。平たく言うと、MyEtherWalletにリストアップされているトークンは、MyEtherWalletの一つのアドレスで全て着金できるということです。

 

 

残高を確認したいとき

送金及び受金が行えたら、あとはウォレット内の残高照会ですね。実はこれも、「Ether/トークンの送出」画面で行えます。同画面では、以下のように残高情報が表示されています。

 

ETHは画面右上の「アカウント残高」に表示され、ETH以外のトークンは、画面右下の「トークン残高」に表示されます。MyEtherWalletには100種類以上のトークンが掲載されていますが、その中で自分が持っているトークンのみが、「トークン残高」には表示されます。尚、他の全てのトークンを見たい場合は、「ShowAll Tokens」を押すと、全てのトークンリストが表れます。

 

 

秘密鍵やKeystoreファイルを再取得したいとき

送金、着金、残高照会は、全て「Ether/トークンの送出」で行えますが、自分の秘密鍵やKeystoreファイル、QRコードを取得したいときは、「お財布情報を見る」をクリックします。

「お財布情報を見る」画面では、自分の残高情報と、秘密鍵やKeystoreファイルといったウォレットの要となる情報が表示されます。また、自分のETHアドレスをQRコード化したものも表示されています。

「お財布情報を見る」は主に、自分の秘密鍵を知りたいときや、Keystoreファイルをダウンロードしたいときに見る画面で、普段使うことはありません。

 

「お財布情報を見る」画面

 

尚、秘密鍵を表示したい場合は、目のマークをクリックしてください。

 

 

スマートフォンからアクセスしたい場合

MyEtherWalletは、インターネットさえあればどこからでも開けるので、スマートフォンからも開くことは可能です。ただ、MyEtherWalletを開くにはKeystoreファイルを用いることが最も安全です。Keystoreファイルをスマートフォンに保存するには、別途ダウンロード専用アプリを導入したり、SDカードでKeystoreファイルをスマートフォンに入れる必要があるため、なかなか大変です。

 

一方、Keystoreファイルを使わなくても、秘密鍵をスマートフォンに保存しておいて、それをコピー&ペーストでMyEtherWalletのログイン画面に貼り付けるという方法もあります。ただし、これはお勧めしません。スマートフォンはパソコン以上に様々なアプリがあなたの情報を吸い出しているため、秘密鍵の意図しない漏洩を防ぐためにも、スマートフォンで秘密鍵を使うのは避けましょう。

 

以上が、MyEtherWalletの基本的な使い方となります。スマホのウォレットとは違い、開くたびにKeystoreファイルをアップロードしなくてはならなかったり、ウォレット内にデータが保存されることがないため、送金履歴は外部サービスで見る必要があったりと、少し勝手が変わりますが、慣れれば大変使いやすく、かつ安全性の高いウォレットだと言えます。ぜひ、MyEtherWalletの使い方をマスターして、ETH及びEthereum系トークンの送受金に活用しましょう。