ハードウェアウォレット「LedgerNanoS」の使い方

このページでは、ハードウェアウォレットとして人気のある「LedgerNanoS」の使い方を解説しています。ハードウェアウォレットって何?という方は、以下をご覧ください。

ハードウェアウォレットとは?仮想通貨のウォレットの一種を紹介 | CCRI:暗号通貨総合研究所
ハードウェアウォレットとは、仮想通貨のウォレットの一種で、USB型のウォレットです。このUSB型端末をパソコン…

 

 

LedgerNanoSの特徴

LedgerNanoSの特徴を簡単にご説明致しますと、まず、LedgerNanoS を始めとするハードウェアウォレットは、それ自体にウォレット機能が入っているのではなく、秘密鍵が保存されているというものです(ブロックチェーンの仕組み上、秘密鍵には残高等、全ての情報が集約されています)。ユーザーは、この秘密鍵から情報を読み取るために、PC上で専用のウォレットアプリケーションを用います。ちょうど、MyEtherWalletに例えると、秘密鍵やKeystoreファイルがハードウェアウォレットにあたり、MyEtherWalletが専用ウォレットアプリ、ということになります。

 

故に、ウォレットアプリを使うには、ハードウェアウォレットがPCに接続されている必要があるので、ハードウェアウォレットが盗まれない限り、ハッキング等の被害を被むることはありません。LedgerNanoS に関しては、Ledger社が提供する専用のウォレットアプリを Google Chrome にインストールし、そのアプリ上で残高表示や送受金の操作が行えます。(注意:PCにインストールするのではなく、Google Chrome に拡張アプリとしてインストールします)

 

アプリはビットコイン/アルトコイン用、イーサリアム/イーサリアムクラシック用、リップル用に分かれており、一つのLedgerNanoSで複数のアプリを使用可能です。また、LedgerNanoSは専用アプリだけでなく、MyEtherWalletと連携することもできます。この場合、ETHのみならず、ETH系のトークンも保管/送受信することができるので便利です。(既に持っているMyEtherWalletのアカウント(秘密鍵)をLedgerNanoSで管理できる、という意味ではなく、LedgerNanoSの秘密鍵をMyEtherWalletで読み取れる、という意味です。つまり現在MyEtherWalletで保管しているトークンをLedgerNanoSで管理したければ、LedgerNanoSのETHアドレスに送金する必要があります。このページの後半で詳しく解説しています。)

 

 

LedgerNanoSの開封〜設定

では、まずは LedgerNanoS の最初の設定から行いましょう。

 

①LedgerNanoSをPCへ接続

「Welcome」と表示され、次に「Press both buttons to begin」と表示されるので、左右両方のボタンを同時押しして次へ進む。

 

②英語の説明文がいくつか表示される

左右両方のボタンを同時押しして次へ進む。

 

③Configure as new device? (新たな端末として設定しますか?)

初めてLedgerNanoSを使う場合は右ボタン、別のLedgerNanoS情報を復元する場合は左ボタン。(以下、右ボタンで設定する場合で進めていきます)

 

④Choose a pin code(ピンコードを設定)

左右同時押し、PIN code の設定画面に移る。右ボタン或いは左ボタンで数字を変えながら、任意の数字を入力したら、同時押しし、次の桁へ移動。8桁分設定できるが、4桁設定し、5桁目がチェックマークとなっている状態で同時押しすると、4桁で設定が完了する。

 

⑤Confirm your PIN Code(ピンコードの確認)

同時押しし、PIN code 確認画面へ進む。先ほど設定した PIN code を入力し、同時押し。

 

⑥Write down your recovery phrase(復元フレーズをメモしてください)

※この復元フレーズは、LedgerNanoS が壊れたり紛失した際に、別のLedgerNanoSで復元するために必要なものです。これがないと最悪資産を失うことになるので、間違いのないように書き留めてください。

 

同時押しして、一つ目の復元フレーズを表示。書きとめたら、右ボタンを押して次へ。これを24単語分繰り返す。全て書きとめたら、念のため左ボタンで一つずつ戻りながら間違いがないか確認し、再び24番目まで移動して、同時押しで次へ。

 

※復元フレーズのメモは、コピーし、複数の場所に保管しておきましょう!ただし人には見られないようにしましょう。

秘密鍵、復元フレーズの重要性とその管理方法 | CCRI:暗号通貨総合研究所
仮想通貨のウォレットを作成すると、「秘密鍵」や、「復元フレーズ」といった事柄に遭遇します。これらが何であるかを…

 

⑦Confirm your recovery phrase(復元フレーズの確認)

同時押しし、「Select word #○」と表示されるので(◯の部分は番号)、その番号の単語が合っているかを確認(単語は、二行目に表示されている)。合っていれば、同時押しで次へ進む。間違っていれば、右、左ボタンを押し、該当する単語を表示させ、同時押しで次へ。この確認作業が別の番号でもう一度繰り返される。合計2回の確認作業が終わると、Processing と表示され、Your device is now ready と表示されたら完了。

 

 

ウォレットアプリの設定

ここまでで、LedgerNanoS 側の設定は完了です。ここからは、Ledger NanoS を接続しているPCで、ウォレットアプリの設定を行います。尚、Ledgerのウォレットアプリは、Google Chrome の拡張機能なので、ブラウザは Google Chrome を使用するしてください。

 

Ledgerのホームページへアクセス

画面下の方、左側「WALLET APPS」の下に、ウォレットアプリが3つ並んでいる。それぞれ、ビットコインとアルトコイン用、イーサリアム用、リップル用と分かれているので、必要なものを選択。(以下イーサリアム用で進めます)

 

画面右側の緑で囲まれた「GET THE APPS」をクリックすると、画面下部まで自動で移動するので、左側の「Ledger Wallet Ethereum」の下の緑で囲われた「INSTALL」をクリック。Chrome Web ストア に移動するので、右上の「Chromeに追加」をクリック。これで Chrome に、Ledger のイーサリアム用ウォレットアプリが追加された。尚、上部のインフォメーションバーにアイコンが追加されることはなく、Chromeのアプリ一覧画面に追加されるようだ。アプリ一覧画面が分からない場合は、URLに「chrome://apps」と入力しアクセスすれば表示される。

 

⑨ウォレットアプリの起動

ウォレットアプリをクリックすると起動するが、操作するには LedgerNanoS 側での承認が必要。LedgerNanoS 側で「Ethereum」を選び、PIN code を入力すれば、ウォレットアプリで操作可能となる。尚、まずはアプリ側で「Ethereum」か「Ethereum Classic」を選ぶ画面が表示されるので、該当する方を選択。

 

あとは、送金や受金等、一般的なウォレットと同じ要領で使える。ただし、送金の際は、LedgerNanoS 側での承認が必要。送金量やアドレスが LedgerNanoS 側で表示されるので、右ボタンで確認していき、問題なければ Confirm transaction で右ボタンを押すことで、送金が行われる。

※受金に関しては LedgerNanoS 側での承認は必要ない

 

尚、アプリを起動していても、しばらく放置していると LedgerNanoS がスリープ状態に入るので、その場合はボタンを押して再び PIN code を入力することで、アプリの操作が再度可能となる。また、例えば Ethereumウォレットを終了し、Bitcoinウォレットを開きたい場合は、LedgerNanoS 側で右ボタンを3回押し、「Quit app」で同時押しする。次に Bitcoin を選ぶことで、ビットコインウォレットを開くことができる。

 

以上が最初の設定~使えるようになるまでの手順でした。こちらの外部サイトでも写真つきで解説されています。イーサリアムウォレットアプリの使い方は、こちらのサイトで解説されています。

 

 

MyEtherWalletとの連携方法

LedgerNanoSは専用のウォレットアプリだけでなく、MyEtherWalletとの連携も可能です。つまり、MyEtherWalletで扱われている各種トークンの保管、送受金ができます。やり方は、こちらの外部サイトで解説されています。

※MyEtherWalletの詳細は以下を参照してください。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とは?その仕組みと作り方 | CCRI:暗号通貨総合研究所
EthereumやEthereum系のトークン(Ethereumプラットフォーム上で動作する仮想通貨)を保管す…
MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の使い方を徹底解説 | CCRI:暗号通貨総合研究所
MyEtherWalletは、ETHやEthereum系トークンを保管するのに最適なウォレットですが、普通のス…

 

注意点として、既に持っているMyEtherWalletのアカウント(秘密鍵)とLedgerNanoSを同期できるという意味ではなく、あくまでLedgerNanoS(の秘密鍵)をMyEtherWalletで開くことができる、という意味です。つまり、各種イーサ系のトークンをLedgerNanoSで保管したい場合、LedgerNanoSのETHアドレスに既存のMyEtherWalletから送金する必要があります。この場合のETHアドレスとは、上述のLedgerの専用ウォレットアプリ(イーサリアム用)のイーサリアムアドレスのことです。このイーサリアムアドレスに、トークンを送ってOKです。専用ウォレットアプリ(イーサリアム用)では、ETHしか表示されないためトークンの残高は確認できないですが、MyEtherWalletで開けば、ちゃんとトークンの残高が表示されます(そのまま送受金もできます)。

 

尚、LedgerNanoSをMyEtherWalletで開く際、ETHアドレスを選ぶ画面がありますが、通常一番上のアドレスが、現在使っているLedgerNanoSのETHアドレスで、専用ウォレットアプリ(イーサリアム用)と同一のものです。

 

 

LedgerNanoSのバックアップ

これで、無事LedgerNanoSを使うことができるようになりましたが、バックアップ対策を怠ってはいけません。最悪の場合、資産を失うことになりますので、以下をよくお読みください。

 

  • 復元フレーズは複数の場所に保管
  • LedgerNanoSは最低でも2~3個は持っておく

 

復元フレーズ

LedgerNanoSには、持ち主さえも分からない形で秘密鍵が保管されています。つまり、LedgerNanoSが壊れたら、ウォレットアプリを開くのに必要な秘密鍵が失われます。しかし、このような場合、別のLedgerNanoSに24単語の復元フレーズを入力することで、復元が可能です。正確には、壊れたLedgerNanoSに入っていた情報を全てそのまま新しいLedgerNanoSに復元可能なので、今までと同じように使えるようになります。

 

しかし、復元フレーズを失ってしまった場合、LedgerNanoSを復元することは永久にできなくなります。従って、復元フレーズの管理は大変重要です。他人に見られないようにしながらも、複数の場所に保管しておくことが望ましいでしょう。

 

複数のLedgerNanoSを持っておこう

また、復元フレーズで別のLedgerNanoSに復元できるとは言っても、別のLedgerNanoSが手元になければ、新たに購入して届くまで待たなければなりません。その間送受金ができなくなるので、LedgerNanoSは2~3個は所持していることが望ましいでしょう。復元フレーズを使えば、複数のLedgerNanoSに中身をコピーすることができるので、あらかじめコピーしておいて、複数の場所に保管しておくといいでしょう。

 

最も安全な保管方法とはなにか

ハードウェアウォレットを使うに際して、最も安全な保管方法とはなにかということを改めて考えてみたいと思います。LedgerNanoSは最も安全な保管方法の一つだと言えますが、もしLedger社が倒産したらどうなるでしょう。新たなLedgerNanoSが購入できなくなり、またウォレットアプリの開発も終わってしまうかもしれません。(つまり、自分のLedgerNanoSが壊れた際、バックアップで用いる新たな端末が購入できなくなります。また、ウォレットのバグ等も修正されなくなります)

 

逆に、例えばMyEtherWalletであれば、パスワードたる秘密鍵をパスワードロック付きのUSBや、暗号化したクラウドサービスに保存することで、一つがだめになっても別の場所からひっぱってくることができます。しかしハードウェアウォレットは、ハードウェアウォレットでしか予備を備えることができません(逆にそれが安全だとも言えます)。

 

おそらく結論としては、100%安全な保管方法はないということでしょう。しかし、バックアップ対策きちんと行えば、ハードウェアウォレットは最も安全な保管方法の一つだと考えられます。

 

参考リンク