PCでビットコインウォレット「Copay(コペイ)」を開く方法

ビットコインを保管するためのウォレット「Copay」は、スマートフォンで使いますが、実は運営元であるBitPayは、PCでもCopayを開けるよう「BitPay」というPC用アプリを提供しています。このページでは、BitPayを使って、スマホのCopayをPCで開く方法を解説します。

※既にスマートフォンでCopayを持っていることが前提となります。Copayをお持ちでない方は以下の記事を参照してください。

ビットコインウォレット「Copay(コペイ)」の作り方 | CCRI:暗号通貨総合研究所
ここまでで、あなたは取引所で仮想通貨を買うことができました。現在あなたは仮想通貨を保有している状態であり、その…

 

 

CopayのURLにアクセス

まずは、CopayのURLにアクセスします。以下のような画面が表示されるので、Macをお使いの方はMacのボタンを、Windowsをお使いの方はWindowsのボタンをクリックします。

 

GitHubに移動しダウンロード

すると、GitHubという外部サイトに移動します。ここから、該当するファイルをクリックし、ダウンロードします。

※実はPC版のCopayも存在しますが、Bitpayの方が若干多機能なので、このページではBitpayを扱います。

 

ダウンロードが完了したら、インストールします。

※こちらはMacでの操作画面であるため、Windowsの場合は画面が異なります。

 

 

BitPayアプリを起動する

インストールが完了したら、アプリを起動し、「Restore from backup」をクリックします。

※「Get Started」をクリックすれば、新しいウォレットとして設定が可能です。しかし、今回はスマホのCopayをPCで開くという目的なので、「Restore from backup」を選びます

 

 

12単語の復元フレーズを入力する

スマホでCopayを作ったときにメモした、12単語の復元フレーズを入力します。

 

このように、スペースで間を空けながら、メモしたのと同じように単語を入力します。入力できたら、「Import」をクリックします。

※この画面では説明用にダミーの単語を入力し、公開しています。あなたの復元フレーズは絶対に他人に明かさないでください。

 

すると、しばらく読み込み時間が経過し、問題がなければ以下のようにBitPayの画面が表示され、復元は完了です。

 

スマホのCopayの中身と同じですね!残高等がきちんと反映されています。ちなみに、スマホで見たCopayの画面は以下の通りです。残高が同じであることがわかります。

 

 

パスワードを設定する

セキュリティレベルを上げるため、PCでBitPayを開く際にパスワードを入力する設定をすると良いでしょう。

右下の「Settings」をクリックし、

 

下へスクロールして、「個人用ウォレット」をクリックします。

 

「Request Spending Password」の横にあるスイッチをクリックし、オンにします。

 

設定するパスワードを入力するよう求められるので、入力し、「OK」をクリックします。

 

確認のためもう一度入力し、「OK」をクリックします。これで、今後はBitPayを開いたり、送金を行う度に、パスワードが要求されるようになります。

 

 

今後はスマホとPC両方で使うことができる

これで、全ての設定は完了しました。あなたのスマホ用Copayウォレットと、PC用BitPayウォレットは同期されたと言えます。今後はどちらでも使うことができ、残高は常に両方で同じ額が反映されます。

 

他のウォレットでも同じように復元できる

今回、このように復元フレーズでスマホ用CopayをPC用BitPayに読み込んだわけですが、実はこの復元フレーズを使えば、CopayやBitpayに限らず、復元フレーズに対応した全てのウォレットでデータを読み込むことができます。これは、復元フレーズが秘密鍵の役割を果たすためです。これについて興味がある方は、以下の記事が参考になります。

秘密鍵、復元フレーズの重要性とその管理方法 | CCRI:暗号通貨総合研究所
仮想通貨のウォレットを作成すると、「秘密鍵」や、「復元フレーズ」といった事柄に遭遇します。これらが何であるかを…

また、このページで行った作業は、万が一ウォレットを失くしてしまったときに、復元フレーズを使って新しいウォレットに復元するのと同じ作業でもあります。